花の駅*つぐみ工房について about US

会社名 キタムラプランツ&ポタリー株式会社
店舗・アトリエ

花の駅(生花販売・装花)

つぐみ工房(陶芸等)

代表取締役 北村真志
所在地 神奈川県秦野市上大槻620−1番地
資本金 300万円
設立 平成26年4月3日
URL https://www.tsugumi-hananoeki.jp
電話・FAX 0463-82-5177
主な業務内容

植物、生花の加工装飾販売。陶器の企画制作と販売。

生花や陶芸関連の各教室やイベント等の企画運営等


オーナープロフィール profile


北村真志 Masashi Kitamura:

 

1973年4月5日生まれ。神奈川県秦野市出身。県立平塚江南高等学校、Tacoma Community Collegeの留学を経て武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業。キタムラプランツ&ポタリー株式会社代表取締役。花店部門(花の駅)を主に担当。趣味はサーフィンと映画鑑賞、読書。

大学卒業後は日本ヒューレット・パッカード、ダイソン株式会社などで主に営業職に携わりながら、2006年からカーネーション生産者である両親のもとで切花栽培の基本を経験しつつ、フローリストとしての装花技術などを習得しながら花店経験を積む。2014年キタムラプランツ&ポタリー株式会社を設立。

 

(本人一言)「花はそれぞれの人のそれぞれのステージでいつも寄り添うもの」という考えと贈る人、受け取る人双方の思いを大切にしたフラワーデザイン、アレンジメントを表現できるよう心がけています。あと、犬猫の保護活動やペットオーナーさんたちとの交流も大切にしていきたいです。


北村(旧姓・塚本)直美 Naomi Kitamura:

 

藤沢市鵠沼出身。鎌倉女学院中学校時代より生け花を学ぶ。17歳の時単身渡米。学生時代より戦争を体験した子供たちや障害を持つ人たちの表現活動に深く関わり、それをきっかけに陶芸の世界へ。ミシガン州ホープカレッジ心理学部、信楽陶芸の森での研修を経て、コロラド大学大学院美術研究科を修了。

在米中はボストン近郊の子供美術館やミシガン州の母校でも講師を務める。

 

現在はつぐみ工房として動物や花モチーフの陶器とリースなどの花小物の制作に携わる傍、秦野の実店舗や近隣の福祉施設、湘南T-SITE、北鎌倉のたからの窯などで様々なワークショップを夫婦で展開している。近年は得意の英語を活かして、訪日外国人向けの陶芸教室や英会話レッスンも提供している。

 

(本人一言)花や陶芸には心を元気にする力があると思います。私たちのお店に来てくださるみなさんが楽しい時間を過ごせるよう、心に寄り添うお店作りを心がけたいと思っています。

愉快で大切な仲間たち

凛太朗。黒柴♂。2009年8月16日生まれ。一応当花店・アトリエの「名誉店長」を務める。非常にビビりの性分のためなかなかフレンドリーにはなってくれない小心者。結構病弱だが、オーナー夫婦の会話にはいつも参加したがる一面も。

メイ。保護猫♂。年齢不詳で高齢猫かと思いきや案外機敏でフットワーク軽い。性格はとっても寂しがり屋さん。たまに花店入り口でお客様をお迎えするも、いきなりダッシュしたりもする。ニャンズの中で親分的ポジション。

(右の白い方)フク。保護猫♂。2013年譲渡会で本人からの猛烈なアピールの末、譲り受ける。とにかくフレンドリー。その全く危機感なしの性分のためお客さんにもどんどんアプローチしていきます。(左)ナナ。保護猫♂。非常に臆病でめったに人前には出てこないがフクを最愛の兄と慕い、フクが危なくならないか遠くからいつも見守ってくれているしっかり者。

ロク。2018年6月に保護、とにかくボロボロの状態だったが奇跡的にその後元気に回復。本人ゴキゲンの時は小鳥のさえずりのような鳴き声とともに人にまとわりついていた超甘えっ子の末っ子気質。遊びも仕事もいつも全力で生きていたが残念ながら同年12月に先天性の持病のため急逝。



アクセス Access

セブン-イレブン秦野上大槻店さんと共有敷地内にございます。駐車場も共有でございますのでお車でのご来店が便利です。

その他の交通機関をご利用の場合は、小田急線秦野駅からの平塚駅北口行きバスかJR平塚駅からの秦野駅行きバスなどになります。ご要望に応じて送迎なども対応しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。